和太鼓 研究会

和太鼓は場合によっては精神、健康や心理的な効果をもたらす音楽芸能である。様々な伝統からなり、日本人のみならず、アジア全体の民間の歴史や文化に繋がりとインパクトを持つ、古今を繋ぐダイナミックな演奏方法でもある。高いメンタルや肉体的な規律のうえ、音楽的なセンス、謙虚な心構えや反省力が奏者に期待されます。

幸吉は​日本とカナダで子供や大人に対するコーチングや指導を行なっている。経験のある団体などに対しても、伝統曲の指導、新曲の作成やご案内、舞台に向けてのアドバイジング、技術や訓練を高めるためのコーチングを行なっています。

現在、トロント日経文化会館の響和太鼓のアドバイザーを務める。

なお、「なえ道場」でワークショップやレッスンを実施しています。

​詳しい問い合わせはコンタクト・ページを通してご連絡ください。